At Onkel Pö's Carnegie Hall, Hamburg 1976 vol.1

N-77061
  • 発売中
  • アーティスト:James Booker
  • レーベル:JAZZLINE
  • 品番:N-77061
  • ジャンル:ロック&ポップス
  • 価格:オープン価格
  • 形態:CD


ファッツ・ドミノやリトル・リチャード、ウィルソン・ピケット、B.B.キングなど
60年代数々のアーティストのバックをつとめて名を上げた
ニューオリンズの名ピアニストジェイムズ・ブッカー
76年、初のヨーロッパ・ツアーのハンブルグでのライヴ

収録曲

James Booker /
At Onkel Pö’s Carnegie Hall, Hamburg 1976 vol.1

1. Roberta / Tell Me How You Feel (4:14)
2. Everyday I have the Blues (7:13)
3. Classified (3:22)
4. One hell of a nerve (5:09)
5. Keep on gwine (3:21)
6. Rockin’ pneumonia and the Boogie Woogie flu (2:54)
7. Please send me someone to love (5:09)
8. All by myself (4:23)
9. Ain’t nobody’s business (4:55)
10. Something you’ve got (2:53)
11. My Bonnie (4:57)
12. Live (8:03)
13. Junco partner (4:34)
14. Let’s make a better work (3:29)
15. Lonely Avenue & Stormy Monday (6:58)

1976年10月27日 ドイツ ハンブルグ Onkel Pö’s Carnegie Hallでの録音

メンバー:James Booker(p, vo)

ニューオリンズのピアニストで、1983年に40代前半という若さで亡くなったジェイムズ・ブッカー。ジャズとかブルースとかR&Bなどのジャンルを超越してまさに“ニューオリンズのピアニスト”と呼ぶしかない存在だった彼は、破滅型天才の典型でした。
 溢れんばかりの才能を持ちながら、それを持て余すかのようにドラッグや酒におぼれ、精神を病んだ結果、最後はコカインの大量摂取による心不全で自己の存在を消滅させてしまったのでした。彼は、60年代にファッツ・ドミノやリトル・リチャード、さらにはウィルソン・ピケット、B.B.キングなどのバックをつとめて名を上げ、70年代後半からは自己名義での活動が増えていきましたが、76年には初のヨーロッパ・ツアーを敢行します。
 これは、その間にハンブルグのクラブ“Onkel Pö’s Carnegie Hall”で行った彼のパフォーマンスを収めたアルバムで、同クラブでのライヴを収録したNDR のテープを使用したJazzlineのシリーズの1枚としてここに登場しました。
 確固とした技術に裏打ちされたピアニストとして、さらにはユニークなヴォーカリストとして、古い曲や自らのヒット曲を題材に、強烈なニューオリンズの香りで聴衆を圧倒する彼のパフォーマンスは、とてもパワフルかつ繊細。改めて彼の魅力に取りつかれてしまう1枚です。Vol.1と題されているので、近々登場するであろうVol.2のリリースをお楽しみに。

4049774770616

Back to Top ↑