At Onkel Pö's Carnegie Hall Hamburg 1976

N-77039
  • 発売中
  • アーティスト:Johnny “Guitar“ Watson
  • レーベル:JAZZLINE
  • 品番:N-78039
  • ジャンル:ロック&ポップス
  • 価格:オープン価格
  • 形態:2LP


ファンク・ブルースの鬼才、ジョニー・ギター・ワトソンの発掘ライヴ!

収録曲

Johnny “Guitar“ Watson / At Onkel Pö’s Carnegie Hall Hamburg 1976

1. Mr. Magic (5:40)(Side A)
2. I Don’t Want To Be A Lone Ranger (4:27)(Side A)
3. Stormy Monday (10:57)(Side B)
4. Superman Lover (5:22)(Side B)
5. Gangsters Of Love (5:06)(Side C)
6. Ain’t That A Bitch (5:20)(Side C)
7. Cuttin’ In (3:47)(Side C)
8. I Need It (15:05)(Side D)
9. Signature Tune (0:34)(Side D)

メンバー:
Johnny “Guitar“ Watson (g, vo) Peter Martin (tp) Tommy Robertson (tb)
Paul Dunmall (sax) Gil Noble (p, syn) Bobby Howard (b) Emry Thomas (ds)
Recorded December 5th, 1976 At Onkel Pö’S Carnegie Hall, Hamburg, Germany
Recorded By Ndr Hamburg

★いまだに世界中からレスペクトを受ける、ファンク・ブルース・ギタリスト&ヴォーカリスト、ジョニー・ギター・ワトソン(1935-1996)の正に全盛期、1976年の必殺ライヴ音源が登場!
★1976年と言えば、自身の代表作とも言える、傑作ファンク・ブルース・アルバム『Ain’t That a Bitch』(DJM) をリリース、快進撃が始まった年である。その勢いは本作においても十二分に伝わってくる。同アルバムからのナンバー4曲(M.2,4,6,8)を始め、グローバー・ワシントンJrの名曲「Mr.Magic」や「Stormy Monday」のカヴァー、50年代の自身の代表曲「Gangsters Of Love」らを、ライヴならではのダイナミックで躍動感たっぷりに演奏、どこまでも心地よく酔える、ライヴ・マジックが最後まで途切れることがない。
★ソウル、ファンク、ブルース・ファン必聴のライヴ・アルバム!
★会場となるドイツ・ハンブルグにある、Onkel Pö’s Carnegie Hallは、70年代から80年代半ばにかけて、ジャズやブルースの有名アーティストたちがこぞって出演、シーンの中心的役割を担った演奏会場である。JAZZLINEレーベルからは、今後多くの有名アーティストたちのライヴ音源がリリースされる予定です。

5055551780395