Professin’The Blues

RR 140
  • 発売中
  • アーティスト:Fiona Boyes
  • レーベル:REFERENCE RECORDINGS
  • 品番:RM-2517
  • ジャンル:ロック&ポップス
  • 価格:オープン価格
  • 形態:2LP

  • 録音情報など:180g 重量盤

数々の優秀録音ディスクを世に送り出している、
Reference Recordingsより、ド迫力のオーストラリアの女性
ブルース・ギタリスト&シンガー、フィオナ・ボイスの新作!!
HDCDと180g重量盤LPでリリース!!

収録曲

Professin’The Blues

1.Can’t Stay Here No More(Boyes)3:13
2.Devil You Know(Boyes)2:59
3.Lay Down With Dogs(Boyes)3:21
4.Angels And Boats(Boyes)4:50
5.One Rule For You(Boyes)3:48
6.Card Sharp(Boyes)2:39
7.Old And Stiff(Boyes)2:45
8.Kiss Me Darling(Boyes)3:08
9.Love Me All The Way(Boyes/Vincent)3:53
10.Stubborn Old Mule(Boyes)3:26
11.Catfish Fiesta(Boyes/Head)2:09
12.If I Should Die(Boyes)3:26
13.At The Crossroads(Boyes)2:32
14.Love Changing Blues(Boyes)4:15
15.Baby Please Don’t Go(Williams)3:08
16.Face In The Mirror(Jones/Wilson/Palmer/Rogers/Waters)4:31

メンバー:Fiona Boyes(acoustic guitar, 4-string cigar box guitar),Jimi Bott(drums),Denny Croy(bass guitar)
Recorded at skywalker sound in Marin County,California

★オーストラリア出身。キャリア25年、アルバム・リリースも13枚のベテラン。あのボニー・レイットを彷彿とさせる女性ブルース・シンガー・ソングライター&ギタリスト。2014年にはUSAトラディショナル・アコースティック・フェス“MerleFest”に、オーストラリアのブルース・アーティストとしては初めて招かれ、ヨーロッパ・ツァーも行うなどメキメキと頭角を現してきており、USAの重要なブルース・アワードにもノミネートされている。
★本作は、2015年リリースの前作『Box & Dice』(FR717)に続く新作。ソロ、デュオ、トリオによる、全16曲収録、内2曲がカヴァー曲。高音質でどこまでも生々しく迫る、圧巻の歌声とギター!
★今回、180g重量盤LPでもリリースが決定!

0030911251710