ニュース&トピックス

2018年6月13日 クラシック

宇野功芳氏のエッセイ『unauの無能日記』第11弾が公開されました!

宇野功芳氏が2016年6月10日に惜しくもこの世を去って今年でちょうど三回忌となります。「宇野節」とも言われた独特の文体で知られ、数々の名曲、名盤を紹介し、日本のクラシック・ファンに影響を与えてきました。その宇野氏が推薦する盤を紹介したシリーズ≪宇野功芳の音盤棚「これがUNO!」≫に掲載されていた氏のエッセイ『unauの無能日記』。いよいよこのたび最後の回をご紹介します。

2007年夏に出かけたパリへの旅行について綴られています。料理、ワイン、そしてもちろん芸術をこよなく愛する宇野氏ならではの視点で書かれたパリ・ガイドのよう。さらにフランス人女性の魅力(?)、とは言ってもフランスに行って改めて気づく日本の素晴らしさなど、熱く語っています。

11週に渡ってご紹介してきましたこの『unauの無能日記』の再掲載も、今回が最終回となります。

これまでご覧いただきました皆様ありがとうございました。『unauの無能日記』は引き続き弊社ホームページで継続して掲載してまいります。今後とも弊社情報とあわせてご覧ください。

『unauの無能日記』第11弾はこちら
http://www.kinginternational.co.jp/topics/uno-11/