ジルヴェスター・コンサートBOX(20Blu-ray)

ベルリン・フィル恒例、大晦日のジルヴェスター・コンサートがブルーレイ・ボックスで登場!
ラン・ラン(2009年)、トリフォノフ(2016年)の
未発売映像も収録!!
日本先行発売!!

  • アーティスト:ヘルベルト・フォン・カラヤン、クラウディオ・アバド、ダニエル・バレンボイム、サー・サイモン・ラトル、グスターボ・ドゥダメル、キリル・ペトレンコ
  • レーベル:EURO ARTS
  • 品番:20-57544
  • ジャンル:ジャンルクラシック管弦楽
  • 価格:オープン価格
  • 形態:20 Blu ray
  • その他の製品情報:画面:1080i Full HD - 16:9 (Disc 1 in 4:3) 音声: PCM Stereo 、 DD 5.1, DTS 5.1

TRACK LIST

ジルヴェスター・コンサートBOX(20Blu-ray)

BD1
ジルヴェスター・コンサート1977
ベートーヴェン:交響曲第9番ニ短調 Op.125『合唱』
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ヘルベルト・フォン・カラヤン(指揮)
アンナ・トモワ=シントウ(ソプラノ)
アグネス・バルツァ(アルト)
ルネ・コロ(テノール)
ジョゼ・ヴァン・ダム(バス)
ベルリン・ドイツ・オペラ合唱団
(合唱指揮:ヴァルター・ハーゲン=グロール)
収録:1977年12月31日、ベルリン、フィルハーモニー(ライヴ)

BD2
ジルヴェスター・コンサート1996
ブラームス:ハンガリー舞曲第1番、第10番
ブラームス:ジプシーの歌 Op.103より
第1曲『さあ、ジプシーよ』、 第2曲『高く波立つリマの流れよ』、
第3曲『知っているかい』、 第4曲『神様、お分かりですね』、
第9曲『どこへ行っても』
ラヴェル:演奏会用狂詩曲『ツィガーヌ』
ブラームス:ハンガリー舞曲第7番、第17番、第21番
ブラームス:ハープが豊かに鳴り響く
ブラームス:『愛の歌』より
ラヴェル:管弦楽のための舞踏詩『ラ・ヴァルス』
ブラームス:ハンガリー舞曲第5番
ベルリオーズ:『ファウストの劫罰』より『ラコッツィ行進曲』
マキシム・ヴェンゲーロフ(ヴァイオリン)
スウェーデン放送合唱団
トヌ・カリユステ(合唱指揮)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
クラウディオ・アバド(指揮)
収録:1996年12月31日、ベルリン、フィルハーモニー(ライヴ)

BD3
ジルヴェスター・コンサート1997
ビゼー:歌劇『カルメン』~前奏曲/ ハバネラ/ 闘牛士の歌/ にぎやかな楽の調べ/
花の歌/ 合唱と場面
ラフマニノフ:パガニーニの主題による狂詩曲
サラサーテ:カルメン幻想曲
ラヴェル:スペイン狂詩曲
ファリャ:『恋は魔術師』より『火祭りの踊り』
ブラームス:ハンガリー舞曲第5番
アンネ・ゾフィー・フォン・オッター(メゾ・ソプラノ) 
ロベルト・アラーニャ(テノール)
ブリン・ターフェル(バリトン) 
ヴェロニク・ジャンス(ソプラノ)
ステラ・ドゥフェクシス(メゾ・ソプラノ)
ミハイル・プレトニョフ(ピアノ)
ギル・シャハム(ヴァイオリン)
オルフェオン・ドノスティアラ(合唱団) 
ホセ・アントニオ・サインス・アルファロ(合唱指揮)
南チロル児童合唱団 
グレーテル・ブルッガー(児童合唱指揮)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
クラウディオ・アバド(指揮)
収録:1997年12月31日、ベルリン、フィルハーモニー(ライヴ)

BD4
ジルヴェスター・コンサート1998
モーツァルト:歌劇『フィガロの結婚』より序曲/アリア
『とうとう嬉しい時が来た~恋人よここに』
モーツァルト:歌劇『ドン・ジョヴァンニ』よりセレナード『窓辺においで』
モーツァルト:歌劇『魔笛』より二重唱『愛を感じる男の人たちには』
モーツァルト:歌劇『ドン・ジョヴァンニ』~シャンペンの歌/二重唱『お手をどうぞ』
ビゼー:『アルルの女』組曲より(カリヨン/ファランドール)
ロッシーニ:歌劇『泥棒かささぎ』序曲
ヴェルディ:歌劇『リゴレット』より二重唱『それは心の太陽~さようなら』/アリ
ア『慕わしい名』/女心の歌
ヴェルディ:歌劇『仮面舞踏会』~アリア『お前こそ心を汚す者』
ベルリオーズ:序曲『ローマの謝肉祭』
チャイコフスキー:歌劇『エフゲニ・オネーギン』~ポロネーズ/手紙の場『たとえ死ぬことになっても』
ヴェルディ:歌劇『椿姫』より乾杯の歌
ミレッラ・フレーニ(ソプラノ)
クリスティーネ・シェーファー(ソプラノ)
サイモン・キーンリーサイド(バリトン)
マルセロ・アルバレス(テノール)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
クラウディオ・アバド(指揮)
収録:1998年12月31日、ベルリン、フィルハーモニー(ライヴ)

BD5
ジルヴェスター・コンサート1999
ベートーヴェン:交響曲第7番より第4楽章
ドヴォルザーク:交響曲第8番より第4楽章
マーラー:交響曲第5番より第5楽章
ストラヴィンスキー:『火の鳥』より(カスチェイ王の魔の踊り/子守歌/終曲)
ラヴェル:『ダフニスとクロエ』より「全員の踊り」
プロコフィエフ:『アレクサンドル・ネフスキー』より
「アレクサンドルのプスコフへの入場」
シェーンベルク:『グレの歌』より「見よ、太陽」
リンケ:『グリグリ』序曲
リンケ:『フォリー・ベルジェール』より「行進曲」
リンケ:『督促』より「ギャロップ」
リンケ:ベルリンの風
トランスラトイル:スポーツ宮殿ワルツ
フィッシャー:スパークリング・シャンペン
ニコライ:『ウィンザーの陽気な女房たち』序曲
コロ:菩提樹の木陰にいる限り
クラウス・マリア・ブランダウアー(語り:グレの歌)
ベルリン放送合唱団
RIAS室内合唱団
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
クラウディオ・アバド(指揮)
収録:1999年12月31日、ベルリン、フィルハーモニー(ライヴ)

BD6
ジルヴェスター・コンサート2000
ヴェルディ:《仮面舞踏会》より〈彼女は天を見つめる〉・〈諸君 ウルリカの家で〉・
〈見よ この夜に〉・オスカルのカンツォーネ
ヴェルディ:《ドン・カルロ》より〈王妃の舞踏会〉
ヴェルディ:《リゴレット》より〈あれかこれか〉・女心の歌
ヴェルディ:《椿姫》より乾杯の歌・〈花から花へ〉
ヴェルディ:《ファルスタッフ》より第1幕第2場
ヴェルディ:《ファルスタッフ》より第2幕第2場
ヴェルディ:《ファルスタッフ》より第3幕フィナーレ
ヨハン・シュトラウス:《仮面舞踏会》によるカドリーユ
アンドレア・ロスト(ソプラノ)
アラン・ティトゥス(バリトン)
ラモン・ヴァルガス(テノール)
プラハ放送合唱団
スタニスラフ・ボグニア(合唱指揮) 
ラリッサ・ディアドコーヴァ(メゾ・ソプラノ)
ステラ・ドゥフェクシス(メゾ・ソプラノ)
エンリーコ・ファチーニ(テノール)
エリザベス・フュートラル(ソプラノ)
ルーチョ・ガッロ(バリトン) 
マッシモ・ジョルダーノ(テノール)
アナトリ・コチェルガ(バス) 
アンソニー・ミー(テノール)
カルメラ・レミージョ(ソプラノ)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
クラウディオ・アバド(指揮)
収録:2000年12月31日、ベルリン、フィルハーモニー(ライヴ)

BD7
ジルヴェスター・コンサート2001
J.S.バッハ:管弦楽組曲第3番BWV.1068よりガヴォットⅠ&Ⅱ
モーツァルト:ディヴェルティメントK.334よりメヌエット
モーツァルト:ピアノと管弦楽のためのロンドK.382
ヴェルディ:「アイーダ」第2幕第1場より若いムーアの奴隷たちの踊り
ドヴォルザーク:スラヴ舞曲第8番ト短調Op.46-8
チャイコフスキー:バレエ「くるみ割り人形」Op.71より花のワルツ
シベリウス:悲しいワルツOp.44
J.シュトラウス2世:皇帝円舞曲Op.437
コダーイ:ガランタ舞曲
オラシオ・サルガン/ ホセ・カルリ編:ア・フエゴ・レント
ゼキーニャ・ジ・アブレウ/アロイジオ・オリヴェイラ編:ティコ・ティコ
J.シュトラウス2世:ポルカ「雷鳴と電光」Op.324
ホセ・カルリ:タンゴ「エル・フィルレテ」
ブラームス:ハンガリー舞曲第1番ト短調
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ダニエル・バレンボイム(指揮、ピアノ)
収録:2001年12月31日、ベルリン、フィルハーモニー(ライヴ)

BD8
ジルヴェスター・コンサート2002
バーンスタイン:ミュージカル『ワンダフル・タウン』より
序曲/クリストファー・ストリート/オハイオ/コンカリング・ニューヨーク/100通りの抜け道/何と言う無駄/ちょっと恋して/ パス・ザ・フットボール/もの静かな娘/コンガ!/マイ・ダーリン・アイリーン/スウィング!/イッツ・ラヴ/バレエ・アット・ヴィレッジ・ヴォルテックス/ 音の狂ったラグタイム/リプライズ:イッツ・ラヴ/コンガ!(アンコール)
キム・クリズウェル(ルース)
オードラ・マクドナルド(アイリーン)
トーマス・ハンプソン(ベイカー)
ブレント・バレット(レック)、他
ヨーロピアン・ヴォイセズ
ウェイン・マーシャル(ピアノ)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
サー・サイモン・ラトル(指揮)
収録:2002年12月、ベルリン、フィルハーモニー(ライヴ)

BD9
ジルヴェスター・コンサート2004
ベートーヴェン:レオノーレ序曲第3番ハ長調
カール・オルフ:カルミナ・ブラーナ
ヘンデル:《メサイア》より〈ハレルヤ〉
サリー・マシューズ(ソプラノ)
ローレンス・ブラウンリー(テノール)
クリスティアン・ゲルハーヘル(バス)
ベルリン放送合唱団
ベルリン国立大聖堂児童合唱団
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
サー・サイモン・ラトル(指揮)
収録:2004年12月31日、ベルリン、フィルハーモニー(ライヴ)

BD10
ジルヴェスター・コンサート2007
ボロディン:歌劇『イーゴリ公』より『だったん人の踊り』
ボロディン:交響曲第2番ロ短調
ムソルグスキー:歌劇『ホヴァンシチナ』より前奏曲『モスクワ河の夜明け』
ムソルグスキー/ラヴェル編:組曲『展覧会の絵』
ショスタコーヴィチ:バレエ音楽『黄金時代』より舞曲(アンコール)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
サー・サイモン・ラトル(指揮)
収録:2007年12月31日ベルリン、フィルハーモニー(ライヴ)

BD11
ジルヴェスター・コンサート2008
ガーシュウィン:キューバ序曲
バーバー::弦楽のためのアダージョ
コープランド:アメリカの古い歌(船頭の踊り/ちらし/ 遠い昔/ささやかな贈り物/ 私は猫を買ってきた)
ジョン・アダムズ: 高速機械で早乗り
ガーシュウィン:『ポーギーとベス』より「サマータイム」「ベス、お前は俺のもの」
ガーシュウィン: パリのアメリカ人
ジェローム・カーン:『ショウ・ボート』より「オールマン・リバー」
スーザ:自由の鐘
トーマス・クヴァストホフ(バス・バリトン)
ポリーヌ・マレファンヌ(ソプラノ)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
サー・サイモン・ラトル(指揮)
収録:2008年12月31日ベルリン、フィルハーモニー(ライヴ)

BD12
ジルヴェスター・コンサート2009
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番
ショパン:練習曲Op25-1(牧童) (アンコール)
チャイコフスキー:バレエ『くるみ割り人形』~第2幕
チャイコフスキー:バレエ『くるみ割り人形』~第1幕より「雪のワルツ」(アンコール)
ラン・ラン(ピアノ)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
サー・サイモン・ラトル(指揮)
収録:2009年12月31日ベルリン、フィルハーモニー(ライヴ)

BD13
ジルヴェスター・コンサート2010
ビゼー:『カルメン』からのアリア
ベルリオーズ:『ファウストの劫罰』からのアリア
ベルリオーズ:『ローマの謝肉祭』序曲
ファリャ:『三角帽子』
エリーナ・ガランチャ(メゾ・ソプラノ)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
グスターボ・ドゥダメル(指揮)
収録:2010年12月31日ベルリン、フィルハーモニー(ライヴ)

BD14
ジルヴェスター・コンサート2011
ドヴォルザーク:スラヴ舞曲ハ長調 Op.46-1
グリーグ:交響的舞曲 Op.64-2
グリーグ:ピアノ協奏曲イ短調 Op.16
ラヴェル:道化師の朝の歌
R.シュトラウス:『サロメ』より7 つのヴェールの踊り
ストラヴィンスキー:バレエ音楽『火の鳥』よりカスチェイ一味の凶悪な踊り、子守歌、フィナーレ
ブラームス:ハンガリー舞曲第1 番ト短調
ドヴォルザーク:スラヴ舞曲ハ長調 Op.72-7(アンコール)
エフゲニー・キーシン(ピアノ)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
サー・サイモン・ラトル(指揮)
収録:2011年12月31日ベルリン、フィルハーモニー(ライヴ)

BD15
ジルヴェスター・コンサート2014
ラモー:『優雅なインドの国々』組曲(アフリカの奴隷たちのための歌/田園舞曲/太陽礼賛のための歌/未開人のための歌/シャコンヌ)
モーツァルト:ピアノ協奏曲第23番イ長調 K.488
ドヴォルザーク:スラヴ舞曲第2番/第7番
コダーイ:『ハーリ・ヤーノシュ』組曲(前奏曲「おとぎ話は始まる」/
ウィーンの音楽時計/歌/間奏曲/皇帝と廷臣たちの入場)
ブラームス:ハンガリー舞曲第1番ト短調
ハチャトゥリアン:『ガイーヌ』~第8番『レズギンカ』
メナヘム・プレスラー(ピアノ:モーツァルト)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
サー・サイモン・ラトル(指揮)
収録:2014年12月31日ベルリン、フィルハーモニー(ライヴ)

●特典映像:ドキュメンタリー「メナヘム・プレスラー/私が愛する人生」
監督:グレーテ・リッファース 字幕:英独仏

BD16
ジルヴェスター・コンサート2015
シャブリエ:『エトワール』序曲
サン=サーンス:ヴァイオリンと管弦楽のための序奏と
ロンド・カプリチオーソ イ短調 Op.28
マスネ:オペラ『ル・シッド』より管弦楽小品
ラヴェル:ヴァイオリンと管弦楽のための狂詩曲『ツィガーヌ』
プーランク:バレエ組曲『牝鹿』
ラヴェル:管弦楽のための舞踏詩『ラ・ヴァルス』
ブラームス:ハンガリー舞曲第1番(アンコール)
アンネ=ゾフィー・ムター(ヴァイオリン)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
サー・サイモン・ラトル(指揮)
収録:2015年12月31日ベルリン、フィルハーモニー(ライヴ)

BD17
ジルヴェスター・コンサート2016
カバレフスキー:《コラ・ブルニョン》序曲
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第3番ニ短調
ウィリアム・ウォルトン:《ファサード》より管弦楽作品(サー・サイモン・ラトルの編曲による組曲形式)
ドヴォルザーク:スラブ舞曲 op. 72より抜粋
カバレフスキー:組曲《道化師》より〈道化師のギャロップ〉
ブラームス:ハンガリー舞曲第1番ト短調
ダニール・トリフォノフ(ピアノ)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
サー・サイモン・ラトル(指揮)
収録:2016年12月31日ベルリン、フィルハーモニー(ライヴ)

BD18
ジルヴェスター・コンサート2017
ドヴォルザーク:序曲『謝肉祭』
ストラヴィンスキー:『ミューズをつかさどるアポロ』より「パ・ド・ドゥ」
R.シュトラウス:管弦楽伴奏歌曲集(東方から訪れた三博士 Op.56-6、献身 Op.10-1、明日の朝 Op.27-4、子守歌 Op.41-1、母の自慢 Op.43-2)
バーンスタイン:『オン・ザ・タウン』より3つのダンス・エピソード
バーンスタイン:『ホワイトハウス・カンタータ』より「テイク・ケア・オブ・ディス・ハウス」
ショスタコーヴィチ:『黄金時代』組曲
ジョイス・ディドナート(メゾ・ソプラノ)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
サー・サイモン・ラトル(指揮)
収録:2017年12月31日ベルリン、フィルハーモニー(ライヴ)


BD19
ジルヴェスター・コンサート2018
モーツァルト:ピアノ協奏曲第26番ニ長調 K.537『戴冠式』
ラヴェル:スペイン狂詩曲
ラヴェル:道化師の朝の歌
ラヴェル:亡き王女のためのパヴァーヌ
ラヴェル:ボレロ
ビゼー:『カルメン』組曲第1番(抜粋)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ダニエル・バレンボイム(指揮、ピアノ)
収録:2018年12月31日ベルリン、フィルハーモニー(ライヴ)

BD20
ジルヴェスター・コンサート2019
ガーシュウィン:『ガール・クレイジー』序曲
ロジャーズ:『回転木馬』より『もしもあなたを愛したら』
バーンスタイン:『ウエスト・サイド・ストーリー』より『何てきれいなの』
バーンスタイン:『ウエスト・サイド・ストーリー』からのシンフォニック・ダンス
ヴァイル:『ヴィーナスの接吻』より『愚かな心』
ヴァイル:『闇の女』より交響的夜想曲(ロバート・ラッセル・ベネット編曲による組曲)
ソンドハイム:『リトル・ナイト・ミュージック』より『ピエロを招き入れて』
アーレン:『オズの魔法使い』より『虹の彼方に』
ガーシュウィン:パリのアメリカ人
ロウ:『マイ・フェア・レディ』より『踊りあかそう』
ワックスマン:『隊長ブーリバ』より『ライド・オブ・コサック』

ディアナ・ダムラウ(ソプラノ)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
キリル・ペトレンコ(指揮)
収録:2019年12月31日ベルリン、フィルハーモニー(ライヴ)

★ベルリン・フィル恒例の大晦日のジルヴェスター・コンサート。1977年から2019年の間に行われた中から20のコンサート映像をまとめたブルーレイ・ボックスが発売されます。
以前DVDボックスとして発売されていましたが、今回は内容を一部変更し、さらにディスク未発売の2つのコンサートが追加されています。
ひとつは、スター・ピアニスト、ラン・ランをソリストに迎えた2009年。曲目は、ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番、チャイコフスキーの『くるみ割り人形』第2幕と、ロシアものをあまり指揮しないラトルとしては、珍しいプログラムでした。ラン・ランは翌2010年シーズンの「ピアニスト・イン・レジデンス」にも招かれており、まさに上昇気流乗っている只中。そのラン・ランが登場したラフマニノフのピアノ協奏曲第2番では、ラン・ランの輝かしい音色と正確なテクニック、派手なパーフォーマンスで大喝采を浴び、後半は、ベルリン・フィルの華麗な演奏技巧とラトルの洗練された音楽作りに魅了された『くるみ割り人形』。コンサートマスターは、当時入団したばかりの樫本大進が務めています。
もう一つは、2011年のチャイコフスキー国際コンクール優勝以来、若い世代の最も有望なピアニストのひとりとして、聴衆と批評家の熱い支持を集めているダニール・トリフォノフ。2016年のジルヴェスターコンサートが彼にとってのベルリン・フィル・デビューとなりました。今回は、ラフマニノフのピアノ協奏曲第3番という、「技術的に最も難しいピアノ・コンチェルト」が取り上げられました。トリフォノフの超絶技巧と優れた音楽性が存分に発揮されています。曲目は、カバレフスキーの《コラ・ブルニョン》序曲、ウォルトンの《ファサード》というサー・サイモン・ラトルならではのひとひねりした選曲が目を引きます。
他にも、歴代の首席指揮者が登場。カラヤン全盛の1977年の「第9」、2000年12月に新世紀の幕開けを祝って行われたアバド指揮の「グラインド・フィナーレ」と題されたコンサート、ラトルは多彩なプログラミングで聴衆を楽しませ、そして最新2019年新首席指揮者キリル・ペトレンコのコンサートまで、忘れられない貴重な20のコンサートが収録されています。

トレイラーはこちら→https://youtu.be/8OygmpzVqk4

0880242575449

関連商品