Mondenkind

2020年4月、コロナの影響で世界中が静まり返る中・・
ベルリンのスタジオでピアノに向かい合った特別なソロ作品
アポロ11号で宇宙船にのこり、月面から戻る仲間を一人待った
マイケル・コリンズに思いをはせたともいう緊迫感と美しさが混じる15編

  • アーティスト:Michael Wollny
  • レーベル:ACT MUSIC
  • 品番:ACT-9765
  • ジャンル:ジャンルジャズ
  • 価格:オープン価格
  • 形態:CD
  • 入荷予定時期:2020年10月中旬

TRACK LIST

Michael Wollny / Mondenkind

1 Lunar Landscape 0:49
2 Father Lucifer (Tori Amos) 4:26
3 Things Behind Walls 1:07
4 Sonatine Nr. 7 / 2. Satz (Rudolf Hindemith) 4:23
5 Velvet Gloves & Spit (Timber Timbre) 2:43
6 Tale 3:31
7 Mondenkind 4:40
8 Enter Three Witches 0:52
9 Schliesse mir die Augen beide (Alban Berg) 3:08
10 The Rain Never Stops On Venus 1:46
11 Un animal imaginé par Méliès 3:32
12 Cyrano 1:51
13 Sagée 5:32
14 Spacecake 4:04
15 Mercury (Sufjan Stevens, Bryce Dessner & Nico Muhly) 4:04
Music composed by Michael Wollny, except otherwise noted

メンバー:
Michael Wollny (p)solo

★1978年生まれ、ドイツを中心にヨーロッパで高い評価を確立するピアニスト、ミヒャエル・ウォルニーの2020年録音新作。
★2002年にyvpから作品を出して以来、リーダーとして12枚の作品をリリース。トリオ作品や、巨匠ヨアヒム・キューンとのデュオ・アルバムなど数々の話題作をリリースしてきましたが、ソロ・ピアノ作品は初となります。
★録音は、2020年4月、ベルリンのテルデック・スタジオにある広いライヴ・ルームで2日間。世界中がコロナの影響を受けた時期、スタッフもいないホテルに滞在し、閑散とした街を車で走り、他のミュージシャンもいないスタジオでたった一人楽器に向かい合ったという記録。本作品には、孤独と向き合うという緊張感と、アーティストの奥底から生み出されるインティメートな音世界、また、困難な状況下にあってピアノを演奏するということから生み出されたある種の喜びのようなものが混じり合った特別なものがあります。
★繊細なトリルで幕を開けるオープニングから、何やら、普通ではない緊迫感がある中、鍵盤と向き合い、集中して紡ぎだした音は、時に神秘的でさえある美しさも。低音部から生まれる激しさ、慄然とした高音部のフレーズがある中、ふっと生まれる安らぎにも似た美しいハーモニーなどが感動的。
★孤独な録音状況を、月面に立つことなく、宇宙船アポロ11号に残り、仲間の帰還を待ち続けた3人目の宇宙飛行士マイケル・コリンズの状況に重ね合わせたことにも、深みを感じさせられる一ソロ作品です。

0614427976529

関連商品