El camino de los vientos

“1000の音色を持つチェロ演奏”とも評されるSaglio
世界の様々な土地へいざなう11の楽曲

  • アーティスト:Matthieu Saglio
  • レーベル:ACT Music
  • 品番:ACT-9912
  • ジャンル:ジャンルジャズ
  • 価格:オープン価格
  • 形態:CD
  • 入荷予定時期:2020年4月中旬

TRACK LIST

Matthieu Saglio / El camino de los vientos


1 L'appel du muezzin (Matthieu Saglio)
2 Bolero triste (Matthieu Saglio)
3 Metit (Matthieu Saglio & Steve Shehan, lyrics by Abdoulaye N'Diaye)
4 Amanecer (Matthieu Saglio)
5 Atman (Matthieu Saglio)
6 Caravelle (Matthieu Saglio, Nguyên Lê & Maurice Ravel)
7 El abrazo (Matthieu Saglio)
8 Sur le chemin (Matthieu Saglio)
9 Tiempo para soñar (Matthieu Saglio, lyrics by Isabel Juve)
10 Las Sirenas (Matthieu Saglio)
11 Las Cathédrales (Matthieu Saglio)

メンバー:
Matthieu Saglio (cello & vo), Nguyên Lê (g M6), Nils Petter Molvær (tp M4), Carles Benavent (b M9), Vincent Peirani (acco m2), Steve Shehan (perc, p, b M3, 4, 9, 10), Bijan Chemirani (perc M1, 6), Léo Ullmann (vln M7, 8), Ricardo Esteve (flamenco g M2,9), Isabel Julve (voice M9), Abdoulaye N’Diaye (voice M3), Camille Saglio (voice M5, 7), Teo, Marco & Gael Saglio Pérez (vocals M3)

★フランス生まれ、ヴァレンシア・ベースで活動するMatthieu Saglioのリーダー・アルバム。Saglioは“1000の音色を持つチェロ奏者”とも評されて注目を集め、ACTでリリースされたバンド、“NES”のメンバーとしても知られている。
★アルバムには、Nguyên Lê, Nils Petter Molvær をはじめ、Vincent Peirani, Steve Shehanといったゲスト・ミュージシャンが参加し、様々な世界にリスナーをいざなう展開。しかし、これらの音源は、実際の土地の移動は一切ない制作方法。Saglioが、まず、チェロですべてのトラックを録音し、参加ミュージシャンに音源を送り、その上にメンバーが自由に音楽を繰り広げていったとのこと。Saglioからのリクエストはあえて、最小限。共演ミュージシャンの意志と感性に委ねられたといいます。しかし、その手法で、思わぬ成果がなされ、ここに発表されました。
★イラン出身ザルブ(トンバク)・マスターBijan Chemiraniがオープニングでアラブ世界にリスナーをいざなった後には、M2でVincent Periraniのアコーディオンが、スペインに連れ立つ展開。一方、セネガルのシンガー、Abdoulaye N'Diayeが切々と歌い上げるM3のタイトル“Metit”は、西アフリカのウォロフ語で「苦しみ」「痛み」を意味し、切々とした世界があり、一方、Nils Petter MolværとSteve Shehanが参加するM4では、5/8のビートの中、北の凍てつくような大地が広がります。また、Nguyên Lê が参加するM6では不思議なボレロの演奏が繰り広げられます。
★チェロをベースに、様々な思いもよらぬ知的な感性の交感が生んだ、ユニークな作品です。

0614427991225

関連商品