Playing Gershwin

イーロ・ランタラ(p)と管弦楽団(DKPB) との共演作、第二弾!
クラシックに精通するジャズピアニスト、ランタラならではの
他では聴けない“ラプソディ・イン・ブルー”はファン必聴!
人気のオリジナル楽曲“Freedom”もオーケストラ・アレンジで!

  • アーティスト:Iiro Rantala & The Deutsche Kammerphilharmonie Bremen
  • レーベル:ACT Music
  • 品番:ACTLP-98931
  • ジャンル:ジャンルジャズ
  • 価格:オープン価格
  • 形態:LP
  • その他の製品情報:180g重量盤  
  • 付属品:MP3 ダウンロード・コード付

TRACK LIST

Iiro Rantala & The Deutsche Kammerphilharmonie Bremen / Playing Gershwin

Side A
1. Rhapsody In Blue (17:22)
2. A Concert Tango (4:50)
Side B
1. Porgy And Bess Suite (16:23)
2. What Comes Up, Must Come Down (5:41)

メンバー:Iiro Rantala(p)
The Deutsche Kammerphilharmonie Bremen
Jonathan Bloxham(conductor), Antti Tikkanen(solo vln & concert master)
Recorded by Adrian von Ripka at Die Kammer-Philharmonie, Bremen, 2-6 January 2019

◆ACTの看板ピアニスト、イーロ・ランタラとブレーメンの管弦楽団、The Deutsche Kammerphilharmonie Bremen(DKPB) との共演作、第二弾が登場!
◆第一弾『Mozart, Bernstein, Lennon』(2018)は、ブレーメンで毎年開催されるジャズの最重要コンベンション“jazzahead!”での2017 年のライブ・レコーディングで、アルバムは"International Classical Music Award"にノミネートされるなど高く評価された。
◆今作はジョージ・ガーシュウィン作曲の、ジャズとクラシックを融合させた“ラプソディ・イン・ブルー”と、同じくガーシュウィンのオペラ“ポーギーとベス”のメドレーを中心に、イーロ・ランタラのオリジナル楽曲オーケストラ・アレンジが5曲。
◆オープニングにして目玉曲の“ラプソディ・イン・ブルー”は、クラシックに精通し異なるジャンルを自由に行き来するランタラの独自の解釈で、例えば終盤の即興演奏でキューバのモントゥーノを取り入れるなど、他では聴けない演奏となっている。“Porgy And Bess Suite”は有名曲“サマー・タイム”を含むメドレー。フランツ・リストのロマンチックなピアノ技法を取り入れたという3曲目、アルゼンチン・タンゴとはまた違うフィンランドのクラシック・タンゴを連想させる4曲目など、ランタラが以前から演奏している多種多様なオリジナル楽曲がオーケストラ・ヴァージョンに生まれ変わっている。特にランタラの代表曲“Freedom”は、第一弾『Mozart, Bernstein, Lennon』に収録されているアレンジとはまた別の、管楽器を巧みに用いた壮大なサウンドとなっている。
◆クラシックとジャズの魅力が詰まった、ランタラの音楽をご堪能ください。“ラプソディ・イン・ブルー”のファンにもオススメ!

614427989314

関連商品