Un Soir D'Ete

マヌーシュ・サウンドとシャンソンのアンニュイなムードが絶妙の塩梅・・・
Aurore Voilqué、1年ぶりのリーダー作品
ビレリ・ラグレーンとも共演歴がある超絶ギタリストAngelo Debarreが今回も参加

  • アーティスト:Aurore Voilque Trio featuring Angelo Debarre
  • レーベル:ARTS & SPECTACLES
  • 品番:ASCD-200701
  • ジャンル:ジャンルジャズ
  • 価格:オープン価格
  • 形態:CD
  • 入荷予定時期:2020年12月上旬

TRACK LIST

Aurore Voilque Trio featuring Angelo Debarre / Un Soir D'Ete

1.Hopla (Angelo Debarre)
2.Les fenêtres de Moscou (Trad/Agnès Vikouloff Racine)
3.Il suffirait de presque rien (Jean Max Rivière/ Gérard Bourgeois)
4.Manoir de mes rêves (Django Reinhardt)
5.Viper’s dream (Django Reinhardt)
6.Un soir d’été (Agnès Vikouloff Racine / Gérard Bourgeois)
7.Running wild (Arthur Arrington Gibbs/Joe Grey/Leo Wood)
8.Am I blue (Grant Clark/ Harry Akst)
9.Oyanna (Angelo Debarre)
10.Old devil moon (Yip Harburg/ Burton Lane)
11.Inquiétude (Angelo Debarre)
12.Vesoul (Jacques Brel)

メンバー:
Aurore Voilque (Violin and Lead vocals), Mathieu Chatelain (Guitar), Claudius Dupont(Bass),
featuring
Angelo Debarre (Guitar), Thomas Dutronc (Vocals), Sanseverino (Vocals)

★Aurore Quartet名義で、Arts & Spectaclesから作品をリリースしてきた、Aurore Voilqué、1年ぶりのリーダー作品。 
★Aurore Quartetと同様、正統派的なマヌーシュ・スウィングを展開すると同時に、フランス語で歌われるアンニュイなヴォーカルが今回も味わい深くあります。
★そして、不動の3人に加え、本作でもビレリ・ラグレーンらとも共演経験をもち、マヌーシュ・ジャズのもっとも才能あふれるギタリストの一人といわれているAngelo Debarreがフィーチャーされています。 
★ヴァイオリン~ギターのコンビは、ステファン・グラッペリ~ジャンゴ・ラインハルト直系のサウンド。ミディアム・テンポから、アップ・テンポにシフト・アップして超絶のサウンドを繰り広げるオープニングから、テクニックもパッションも最高レベル。
★ジャケもPOPなフレンチ仕様。お洒落です。

3760138470669

関連商品