グリンカ:「ルスランとリュドミラ」序曲、チャイコフスキー:交響曲第6番「悲愴」

フランス国立視聴覚研究所音源提供
ジャン=バティスト・マリが振る
「ルスランとリュドミラ」、「悲愴交響曲」の大名演(1965年)!!

  • アーティスト:ジャン=バティスト・マリ、フランス国立放送管弦楽団
  • レーベル:SPECTRUM SOUND
  • 品番:CDSMBA-068
  • ジャンル:ジャンルクラシック交響曲
  • 価格:オープン価格
  • 形態:CD
  • その他の製品情報:ステレオ
  • 入荷予定時期:2020年12月上旬

TRACK LIST

①グリンカ:「ルスランとリュドミラ」序曲
②チャイコフスキー:交響曲第6番 ロ短調「悲愴」 Op.74

ジャン=バティスト・マリ(指揮)
フランス国立放送管弦楽団
ライヴ録音:1965年4月6日/フランス放送協会
音源:フランス国立視聴覚研究所音源提供(INA)※初CD化

★丁寧な復刻で評価を高めているスペクトラム・サウンド。当アルバムはフランス国立視聴覚研究所(INA)の貴重音源からの復刻で、ジャン=バティスト・マリがフランス国立放送管弦楽団を振った1965年4月の演奏で、グリンカの「ルスランとリュドミラ」序曲とチャイコフスキーの悲愴交響曲、ステレオでの音源です!
★ジャン=バティスト・マリは、アルジェリア生まれのフランスの指揮者、チェリスト。パリ音楽院で研鑽を積み、チェリストとして活躍し、その後はパリなどで指揮活動を始めました。日本には東京フィルハーモニー交響楽団、札幌交響楽団に客演しています。
★当演奏、冒頭のグリンカから大爆発の演奏!きっちりとしたテンポを保ちながらも熱のこもった演奏を展開。チェリストでもあるマリらしく、ことに弦楽器の鳴らし方は実に巧みにコントロールしており、マリの魅力・持ち味である生き生きとした演奏を聴くことができます。
★チャイコフスキーの交響曲第6番「悲愴」も実に聴きもの。チャイコフスキーらしい畳み掛ける音と哀愁漂う旋律を余すところなく表現できた名演です。マリが交響曲を振った現役盤の録音自体が少ないだけにこの復刻は大歓迎と申せましょう。日本限定発売。日本語帯・解説はつきません。

4580481398842

関連商品