アントニオ・ヴィヴァルディ(1678-1741)

  • アーティスト:リ・インコーニティ、アマンディーヌ・ベイエ
  • レーベル:HARMONIAMUNDI
  • 品番:KKC-5641
  • 原盤品番:HMC-902221
  • 国内盤:(国内仕様)
  • ジャンル:ジャンルクラシック音楽史/古楽
  • 価格:¥3,300 (税込)
  • 形態:CD
  • 付属品:輸入盤・日本語帯・解説付

TRACK LIST

アントニオ・ヴィヴァルディ(1678-1741)

「オリンピアーデ」からシンフォニア ハ長調RV 725
ヴァイオリン協奏曲 ヘ長調RV 282(オリジナル版)
スコルダトゥーラ調弦されたヴァイオリンの協奏曲 ロ短調RV 391
ヴァイオリン協奏曲 ニ長調RV 228
ヴァイオリン協奏曲RV 314a
ヴァイオリン協奏曲 ト短調RV 323
ヴァイオリン協奏曲 ト短調RV 322
「ヴィオリーノ・イン・トロンバ」のための協奏曲 ト長調RV 313
「ポントスのアルシルダ王妃」RV 700より第1バレエ ト短調
ヴァイオリン協奏曲ト短調RV316より第3楽章ジグ(プレスト)
ヴァイオリン協奏曲 変ロ長調「キアーラのために」RV 372a、アンダンテ
ラルゴRV 228(ピゼンデルの版?)

リ・インコーニティ アマンディーヌ・ベイエ(ソロ・ヴァイオリン)
録音:2014年11月ローマ

★フランス古楽界の新時代の担い手、ベイエ率いるリ・インコーニティ(名もなき者たち、の意)による、非常に生き生きとしたヴィヴァルディの登場。
★タイトルにある「IL TEATRO ALLA MODA」は、バロック時代の作曲家・音楽評論家であるベネデット・マルチェッロが1720 年代終わりに出版した、当時の音楽・オペラをめぐる様々を風刺した書籍(『当世流行劇場』)。この本の中でマルチェッロは当時最大の人気を誇っていたヴィヴァルディを攻撃しています。貴族階級に属し、正統的な作曲技法のみを重んじて作曲するマルチェッロとは対照的に、ヴァイオリンを自ら縦横無尽に弾き、劇場主らと組んで興業の部分にまで関わるなど、いわゆる商売の部分にも積極的だったヴィヴァルディ。しかし、ヴィヴァルディの音楽の新鮮さ、才気煥発さ、鮮やかなコントラストなどが、今なお私たちを楽しませてくれているのは周知の事実。ベイエ率いるリ・インコーニティは、ヴィヴァルディの様々な作品を新たなひとつの舞台作品の物語のように仕立て、ヴィヴァルディの音楽の斬新さや多様性をあらためて私たちに感じさせてくれます。

4909346011892

関連商品