デュオ・リサイタル

アルゲリッチとブラウンシュタインによる
2020年2月ベルリン・デュオ・リサイタル
満員の聴衆による大喝采!

  • アーティスト:ガイ・ブラウンシュタイン、マルタ・アルゲリッチ
  • レーベル:EURO ARTS
  • 品番:KKC-9639
  • 原盤品番:20-65744
  • 国内盤:(国内仕様)
  • ジャンル:ジャンルクラシック室内楽
  • 価格:¥5,500 (税込)
  • 形態:Blu-ray
  • その他の製品情報:画面:16-9、Full HD 音声:PCMステレオ、DTS-HD MA5.0 (96kHz/24bit) リージョン:All BD25
  • 収録時間:85分
  • 付属品:輸入盤・日本語帯・解説付
  • 入荷予定時期:2021年3月中旬

TRACK LIST

シューマン:ヴァイオリンとピアノのためのソナタ 第1番 イ短調 Op.105
プロコフィエフ:ヴァイオリンとピアノのためのソナタ 第2番 ニ長調 Op.94a
フランク:ヴァイオリンとピアノのためのソナタ イ長調
(アンコール)
クライスラー:愛の悲しみ、美しきロスマリン

ガイ・ブラウンシュタイン(ヴァイオリン)
マルタ・アルゲリッチ(ピアノ)
収録:2020年2月22日、ピエール・ブーレーズ・ホール、ベルリン(ライヴ)

★2020年2月にベルリンのピエール・ブーレーズ・ザールで行われた、世界的ピアニスト、マルタ・アルゲリッチと元ベルリン・フィルのコンサートマスターで現在はソロとして活躍するガイ・ブラウンシュタインによるデュオ・リサイタルの映像がリリースされます。
シューマンは生涯に3つのヴァイオリン・ソナタを残し、どれも彼の創作活動の最後期であり、第1番は1851年に書かれました。2人の演奏は、シューマンの本質をとらえながら、卓越した技巧と情感あふれる演奏を聴かせます。
プロコフィエフのヴァイオリン・ソナタ第2番は、原曲がフルート・ソナタですが、オイストラフより依頼され作曲自身によって改作したもの。両者ともに改心の演奏で、圧巻の音楽を作り上げています。
フランクがベルギーの大ヴァイオリニスト、ウジェーヌ・イザイのために書いたヴァイオリンとピアノのためのソナタ。その美しく情熱的な曲想で、数あるヴァイオリン・ソナタの中でも人気のある作品です。るガイ・ブラウンシュタインの堂々とした表現と豊かな音楽性とそれを力強く柔らかく包み込むアルゲリッチの演奏は、数ある名演の中でもひと際印象に残るものです。
アルゲリッチはこの3曲ともにすでにクレーメル、ギトリスといった名ヴァイオリニストたちと録音していますが、ガイ・ブラウンシュタインとも親密な音楽的会話の中から、刺激的な「新しい音」を生み出しています。
アンコールではクラスラーの「愛の悲しみ」と「美しきロスマリン」が演奏されましたが、実際にクライスラーが所有していたストラディヴァリウスでガイ・ブラウンシュタインが演奏しました。


トレイラーはこちら→https://www.youtube.com/watch?v=9NwPyYm3QKw&feature=emb_title

0880242657442

関連商品