ムッシュ・ド・サント=コロンブと息子たち

ヴィオラ・ダ・ガンバの滋味あふれる響きを満喫できるリチェルカール・コンソート最新盤

  • アーティスト:リチェルカール・コンソート
  • レーベル:MIRARE
  • 品番:MIR-336
  • ジャンル:ジャンルクラシック音楽史/古楽
  • 価格:オープン価格
  • 形態:CD
  • 収録時間:75:00:00
  • 入荷予定時期:2020年7月下旬

TRACK LIST

ムッシュ・ド・サント=コロンブと息子たち

ニ調作品
①サント=コロンブ:コンセール第41番「再会」
②同:コンセール第25番「カリジエ」
③ルイ・クープラン:3本のヴィオールのための組曲
④サント=コロンブ:コンセール第27番「気まぐれ」

ト調作品
⑤サント=コロンブ:コンセール第48番「親愛」
⑥シャンボニエール:パヴァーヌ「神々の話」
⑦サント=コロンブ:コンセール第44番「悲しみのトンボー」
⑧シャンボニエール:サラバンド「若きゼフィールたち」

ハ調作品
⑨サント=コロンブ:コンセール第66番「不貞」
⑩ロベール・ド・ヴィゼ:ヴィゼ嬢たちのトンボー
⑪サント=コロンブ:コンセール第54番「デュボワ」

リチェルカール・コンソート
【フィリップ・ピエルロ(トレブル&バス・ヴィオール)、
 リュシル・ブーランジェ、
 ミリアム・リニョル(バス・ヴィオール)、
 ロルフ・リスレヴァン(テオルボ)】

録音:2016年12月7-10日/無原罪御宿り礼拝堂(ナント)

★日本でもおなじみのリチェルカール・コンソートの最新盤。リーダーのフィリップ・ピエルロ以外は曲に応じてメンバーと編成を変えますが、一貫したスタイルと音楽性の深さでリリースするディスクすべてが高い評価を受けています。
★今回はサント=コロンブとその後継者たちのヴィオール(ヴィオラ・ダ・ガンバ)合奏曲を集めたアルバム。ジャン・ド・サント=コロンブは17世紀フランス・バロックのヴィオール奏者で作曲家。マラン・マレの恩師ということのほか、生涯は今日謎とされています。
★彼は2本のヴィオールのためのコンセールを67曲残しているとされ、ここでは7篇をフィリップ・ピエルロとリュシル・ブーランジェが絶妙に奏しています。
★彼には「サント=コロンブの息子」と称される作曲家の息子がいましたが、このアルバムには彼ではなく、同時代のルイ・クープランやシャンボニエールらのヴィオール合奏曲が収められているのも魅力。名手ロルフ・リスレヴァンのテオルボの響きも加わり、古雅な美しさを存分に味わせてくれます。

3760127223399

関連商品