J.S.バッハ~ただ神の栄光のために

一貫したスタイルと音楽性の深さ
ピエルロ&リチェルカールによるバッハ
フォクルールのオルガン演奏も必聴

  • アーティスト:フィリップ・ピエルロ
  • レーベル:MIRARE
  • 品番:MIR-490
  • ジャンル:ジャンルクラシック声楽曲
  • 価格:オープン価格
  • 形態:CD
  • 収録時間:83:00
  • 入荷予定時期:2021年2月中旬

TRACK LIST

J.S.バッハ~ただ神の栄光のために

カンタータ第21番 「われは 憂いに沈みぬ」BWV 21
カンタータ 第76番「もろもろの天は神の栄光を語り」 BWV76
「主イエス・キリストよ、われ汝に呼ばわる」BWV639
「いと高きところには神にのみ栄光あれ」BWV663
「主なる神よ、いざ天の扉を開きたまえ」BWV617
「いと高きところにいます神にのみ栄光あれ」 BWV 715

コレギウム・ヴォカーレ・ゲント
リチェルカール・コンソート
フィリップ・ピエルロ(指揮)
マリア・コヘイン(ソプラノ)
カルロス・メーナ(アルト)
ユリアン・プレガルディエン(テノール)
マティアス・フィーヴェク(バス)
ベルナール・フォクルール(オルガン)

★フィリップ・ピエルロ率いるリチェルカール・コンソートとコレギウム・ヴォカーレ・ゲントによるバッハのカンタータ2篇とリチェルカール・コンソート創設メンバーでもあるベルギーのオルガニスト、ベルナール・フォクルールの演奏によるオルガン作品を収めたアルバム。ここに収録されたカンタータはワイマール時代とライプツィヒ時代に書かれ、その10年にわたるバッハの進化を示しています。
21番は2部構成、全11曲から成る初期の大作。バッハの生涯に何度も演奏された名曲です。嘆きを歌う第1部、救いの喜びを歌う第2部の対照も見事な、きわめつけの美演です。76番は、ライプツィヒのトーマスカントルに着任後の初仕事だったBWV75 「貧しきものは饗せられん」の翌週に初演された作品。トランペット による華やかな始まりが印象的です。
カップリングのオルガン作品では、バッハとブクステフーデ両大家のオルガン曲全曲録音を果たした、豊富な知識と技量を持つ現代最高峰のオルガニスト、ベルナール・フォクルールの見事なテクニックと感性を存分に堪能できます。

3760127224914

関連商品