ショパン:マズルカ、ピアノ・ソナタ第3番

2010年ショパン国際コンクール2位のゲニューシャス、
待望のショパン・アルバム登場!

  • アーティスト:ルーカス・ゲニューシャス
  • レーベル:MIRARE
  • 品番:MIR-508
  • ジャンル:ジャンルクラシック器楽曲
  • 価格:オープン価格
  • 形態:CD
  • 収録時間:53:00
  • 入荷予定時期:2020年5月中旬

TRACK LIST

ショパン:
①マズルカ第3番ホ長調Op.6の3
②マズルカ第7番ヘ短調Op.7の3
③マズルカ第10番変ロ長調Op.17の1
④マズルカ第21番嬰ハ短調Op.30の4
⑤マズルカ第22番嬰ト短調Op.33の1
⑥マズルカ第23番ニ長調Op.33の2
⑦マズルカ第24番ハ長調Op.33の3
⑧マズルカ第39番ロ長調Op.63の1
⑨マズルカ第40番ヘ短調Op.63の2
⑩マズルカ第41番嬰ハ短調Op.63の3
⑪マズルカ第47番イ短調Op.68の2
⑫ピアノ・ソナタ第3番ロ短調Op.58

ルーカス・ゲニューシャス(ピアノ)
録音:2019年9月20-23日/グスタフ・マーラー・ザール(ドッビャーコ、イタリア)

★2010年第16回ショパン国際コンクール第2位、2015年第15回チャイコフスキー国際コンクール第2位でフォルジュルネ音楽祭でもおなじみ、ルーカス・ゲニューシャス待望のショパン最新録音がMIRAREレーベルから登場となります。
★彼の父はリトアニア人で、リトアニアはポーランドと長く連合国として歴史を共存し、ショパン時代は一緒の国でした。加えて母方の祖母で名教師だったヴェラ・ゴルノスタエヴァは、ゲンリヒ・ネイガウス(ポーランド系でシマノフスキの従弟)から伝統的なショパン解釈を伝授されているため、その両方が理想的にミックスされた世界となっています。
★ゲニューシャスが選んだのはショパン作品の中でも一筋縄にはいかないマズルカ11篇と、難物ピアノ・ソナタ第3番。マズルカは独特のリズム感が新鮮ですが、古いポーランドのピアニストほどルバートをかけないところが現代的で自然。ピアノ・ソナタは堂々とした構成感が光りますが、いずれもピアノをたっぷり鳴らし切りながらも初々しさを忘れぬ歌い回しが絶美。ひさびさに聴き惚れてしまうショパン演奏の出現と申せましょう。

3760127225096

関連商品