ジプシーとブラームス

ジプシー音楽のルーツからたどる
ブラームスの音楽
ピアノ&ジプシー・トリオの伴奏による合唱作品ほか

  • アーティスト:ジルダ・パンジェ、メリスム室内合唱団、コレット・ディアール、バンカル・トリオ
  • レーベル:AD VITAM
  • 品番:AV-230915
  • ジャンル:ジャンルクラシック声楽曲
  • 価格:オープン価格
  • 形態:CD
  • 入荷予定時期:2024年6月上旬

TRACK LIST

ジプシーとブラームス

1. ブラームス:かわいい恋人よ、素足で来ないで(49のドイツ民謡集より)
2. ブラームス:おーい、ジプシーよつかまえろ(ジプシーの歌 op.103より第1曲)
3. ブラームス:岩のを水の流れが(愛のワルツop.52より第2曲)
4. ジプシー民謡(Hola calacaval)
5. ブラームス:赤いばらのつぼみ(6つの四重唱曲op.112より第4曲)
6. ブラームス:ナイチンゲール(49のドイツ民謡集より)
7. ブラームス:波立つリマの流れ(ジプシーの歌 op.103より第2曲)
8. ジプシー民謡(Usti usti)
9.ブラームス:ドナウの岸辺に(愛のワルツop.52より第9曲)
10. ジプシー民謡(Zold az edeo)
11. ブラームス:おお美しい夜(4つの四重唱曲op.92より第4曲)
12. ジプシー民謡(Opa tsupa)
13. ブラームス:晩秋(4つの四重唱曲op.92より第4曲)
14. ジプシー民謡(Yuliska)
15. ジプシー民謡(Danse des brigands)
16. ブラームス:嫌だ、世間の奴らと(愛のワルツop.52より第11曲)
17. いら草が道ばたに生え(6つの四重唱曲op.112より第5曲)
18. 日焼けした若者が踊りに行く(ジプシーの歌 op.103より第5曲)
19. 聞け、風が小枝の間で嘆くのを(ジプシーの歌 op.103より第8曲)
20. ジプシー民謡(Padam Kolo Ciobanasul)
21. ジプシー民謡(Gelem gelem)
22. ブラームス:夕べ(3つの四重唱曲op.64より第2曲)
23. ジプシー民謡(Liuba)
24. ブラームス:永遠の愛について(4つの歌 op.43より第1曲)
25. ジルダ・パンジェ:Von Zigeunerliebe

ジルダ・パンジェ(指揮)、メリスム室内合唱団
コレット・ディアール(ピアノ)
バンカル・トリオ

★ブラームスが、ジプシーの音楽にインスパイアされて書いた作品を、オリジナルの民謡と並べてプログラムした1枚。といってもただ演奏しているのではなく、伴奏にピアノと、バンカル・トリオ(クラリネット、コントラバス、アコーディオン)を迎えることにより、ジプシー色がきわめて濃厚になった、まったく新しいブラームスの響きが新鮮。室内合唱団とピアニストが、ジプシー音楽トリオと偶然出会って、盛り上がって一緒に演奏し始めているかのような、鮮度抜群の高揚感と即興感に満ちています。
★メルスム合唱団は、2003年、ジルダ・パンジェによって設立された合唱団。2016年よりレンヌ歌劇場の座付合唱団となり、オペラ、および室内合唱の両面で独自の活動を展開しています。パンジェはクラリネットのほか、室内楽、および様々な作曲にまつわる学びを経て、1994年レンヌ歌劇場の音楽監督に就任しました。合唱指揮者(バルトリ出演のオペラやザルツブルク音楽祭)、編曲者(オペラを小編成にするなど)として活躍しています。
★バンカル・トリオは2010年に結成された、クラリネット、コントラバスとクロマティック・アコーディオンによるトリオ。バルカン半島(ブルガリア、マケドニア・ルーマニア・・・)の薫りたっぷりの時空を超えたメロディーで、聴き手を様々な場所への旅にいざなってくれるアンサンブルです。

3760109130813

関連商品