ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱」

ピッツバーグ響創立125周年記念
ホーネック&ピッツバーグ響による「第9」
「この作品は全人類の音楽的マ二フェスト byホーネック」

  • アーティスト:ピッツバーグ交響楽団、マンフレート・ホーネック
  • レーベル:REFERENCE RECORDINGS
  • 品番:FR-741SACD
  • ジャンル:ジャンルクラシック交響曲
  • 価格:オープン価格
  • 形態:SACD Hybrid
  • 収録時間:62:48
  • 入荷予定時期:2021年2月下旬

TRACK LIST

ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱」

ピッツバーグ交響楽団
マンフレート・ホーネック(指揮)
クリスティーナ・ランツハマー(ソプラノ)
ジェニファー・ジョンソン・カノ(アルト)
ヴェルナー・ギュラ(テノール)
シェン・ヤン(バスバリトン)
ピッツバーグ・メンデルスゾーン合唱団

録音:2019年6月6-9日、ハインツホール、ピッツバーグ(ライヴ)

★長年高音質レーベルとして高い評価を得ているREFERENCE RECORDINGS。そしてREFERENCE RECORDINGSはもちろん、PENTATONE,BIS,など録音に定評のある数々のレーベルの録音を40年以上に渡って担当しているsound mirror社がタッグを組んだ大好評「ピッツバーグ・ライヴ!」シリーズ。
シリーズ第11弾は、ベートーヴェンの「第9」。2020年はベートーヴェン・イヤーとして多くのアルバムがリリースされましたが、本作はピッツバーグ交響楽団の創立125年を祝ってのリリースとなります。ピッツバーグ交響楽団は、125年前に最初にコンサートが行われた2月27日にデジタル・プログラムでこの記念すべき日を飾ります。(詳細はこちらhttps://pittsburghsymphony.org/pso_home/web/give-landing/125th-anniversary-celebration
ホーネックはこのシリーズで自ら解説書を執筆していますが、今回も作品の歴史的背景を洞察し、それをどのように演奏に反映させたか詳細に記しています。そしてさらにマンフレート・ホーネックは、この作品を演奏する意義について以下のように述べています。「『第9』は、世界中の人々を魅了し、その音楽の力で、歴史的な様々な場面で演奏されてきました。一方、ベートーヴェンの理想とした、人類愛、自由への希求というメッセージを政治的イデオロギーとしてあらわすことにも使われています。1898年のベルリンの壁崩壊を記念したバーンスタンのコンサートもその一つでしょう。しかしいつだってこの楽曲は、全人類に真摯語りかけ、その内容を遥かに超える音楽的マニフェストとして人々に届くのです。」
sound mirror社の高品位な録音で、響きの厚みや緊張感、明瞭なサウンドで記念すべき演奏を収録しています。

0030911274122

関連商品