平尾貴四男:室内楽曲集 Vol.1

これぞ日本室内楽史の至宝。
あの武満徹をも魅了した平尾貴四男絶美の作品集。
ステレオ・セッション録音。

  • アーティスト:平尾はるな、野口龍、久保陽子
  • レーベル:KING INTERNATIONAL
  • 品番:KKC-026
  • 国内盤:(国内企画)
  • ジャンル:ジャンルクラシック現代音楽
  • 価格:オープン価格
  • 形態:CD
  • 収録時間:52:35

TRACK LIST

平尾貴四男:室内楽曲集 Vol.1

①ピアノソナタ(1948)
②フルートとピアノのためのソナチネ(1941)
③ヴァイオリンソナタ(1947)

平尾はるな(Pf)
野口龍(Fl)
久保陽子(Vn) 
[録音:1980年4月23日、5月22日/世田谷区民会館(セッション録音)]

●平尾貴四男 (1907-1953) は独学の人が多かった昭和初期の時代に、パリのスコラ・カントルムで正式な作曲法と理論をマスターした作曲家。作曲・教育両面で日本音楽界を牽引する存在になり得たにもかかわらず、ガンのため46歳の若さで歿したため作品数はあまり多くありません。それらは精密に彫琢された純音楽が中心で、ドイツ的な傾向の強かった日本作曲界には珍しいフランス風の洒脱さと、自身の育ちの良さから来る高貴な作風が魅力的。品良く香る日本情緒も絶妙。 ●当アルバムは愛娘・平尾はるながピアノを担当した室内楽曲集。日本ピアノソナタ史屈指の名作ながら、録音にあまり恵まれない同曲、平尾自身がフルートの名手(横溝正史の「悪魔が来たりて笛を吹く」のモデル)だったこともあり、楽器の機能を駆使したどこか和風のソナチネ、恩師ガロワ・モンブランに捧げられたヴァイオリンソナタといずれも充実度満点。ことに「フルートとピアノのためのソナチネ」は若き日の武満徹を感激させ、弟子入りを熱望させたいわくつきの作品。 ●すべてセッション録音(旧アジアレコード音源)。しかし久保陽子と平尾はるなの火花を散らすようなデュオはコンサート・ライヴばりの白熱ぶり。平尾作品はピアノパートが特に難しく書かれていますが、愛娘だけあり完璧で自在かつ説得力満点。物凄いパワーに圧倒されます。

4909346002579

関連商品