カンティレーナ

ヴィオラの女王タベア・ツィンマーマン
知と熱、凄みのある音色に圧倒
ペリアネスの辛口のピアノが音楽を引き締める!

  • アーティスト:タベア・ツィンマーマン、ハヴィエル・ペリアネス
  • レーベル: HARMONIAMUNDI
  • 品番:KKC-6212
  • 原盤品番:HMM-902648
  • 国内盤:(国内仕様)
  • ジャンル:ジャンルクラシック器楽曲
  • 価格:¥3,300 (税込)
  • 形態:CD
  • 付属品:輸入盤・日本語帯・解説付

TRACK LIST

カンティレーナ

・ピアソラ(1921-1992):ル・グラン・タンゴ
・モンサルバーチェ(1912-2002)/キム・カシュカシュアン&ロバート・レヴィン*、タベア・ツィンマーマン**編曲:5つの黒人の歌
 〔1. Cuba dentro de un piano*/ 2. Punto de Habanera*/ 3. Chevere*/ 4. Cancion de Cuna para Dormir a un Negrito*/ 5. Canto Negro**〕
・ファリャ:7つのスペイン民謡
 〔1. ムーア人の織物/ 2. ムルシア地方のセギディーリャ/ 3. アストゥーリアス地方の歌/ 4. ホタ/ 5. ナナ(子守歌)/ 6. 歌/ 7. ポーロ〕
・ヴィラ=ロボス(1887-1959)/プリムローズ編:アリア(カンティレーナ)~ブラジル風バッハ第5番
・パブロ・カザルス(1876-1973)/T.ツィンマーマン編:
 アン・ソルディーヌ、En el mirall canviant de la mar blava (カタルーニャの歌 第1番)、El ángel travieso、Tres estrofas de amor
・グラナドス(1860-1909)/カシュカシュアン&ロバート・レヴィン編:
 マハの流し目、人気をなくしたマホ、悲しみのマハ第3番、控えめなマホ
・アルベニス(1860-1909):タンゴ

タベア・ツィンマーマン(ヴィオラ/パトリック・ロビン、2019年製)
ハヴィエル・ペリアネス(ピアノ)
録音:2019年12月、テルデックス・スタジオ・ベルリン

★ヴィオラの女王、タベア・ツィンマーマンがハルモニアムンディからソロ作品をリリースします。ハルモニアムンディからはアルカント・カルテットのメンバーとしてのリリースはありましたが、ソロ作品は初となります。内容はファリャ、カザルスからヴィラ=ロボス、ピアソラというスペインから南米への旅路と少々意外にも思えるものですが、ピアノに近年充実著しいスペインのピアニスト、ペリアネスを迎え、ツィンマーマンのパワーある音楽が炸裂しています。ツィンマーマンの音色は知と熱、そして凄みのあるもの。ファリャの旋律で聴かせる郷愁に満ちた力強い音色は、タベア・ツィンマーマンにしか出せない音色とも思えてきます。アルバムのタイトルにもなっているヴィラ=ロボス作品では、彼女のヴィオラの音色が人の声の力を超えているように響きます。スペイン出身のペリアネスのピアノが音楽を辛口に引き締めており、最高のコンビといえるかもしれません。タベア・ツィンマーマンのヴィオラの音色の濃さと情報量の多さ、雄弁さに圧倒され通しの1枚です。

◆レコード芸術 2020年8月号 特選盤


4909346021730

関連商品