ラヴ・ユー・マッドリー~ライヴ・アット・ババズ

モンティ・アレキサンダー、1982年未発表ライヴ作品
スウィンギー・スタンダード、カリビアン、カクテル・ラウンジ風バラードなどなど
名POPナンバー”ニューヨーク・シティ・セレナーデ”をオープニングにした洒脱な演奏!

  • アーティスト:モンティ・アレキサンダー
  • レーベル:RESONANCE RECORDS
  • 品番:KKJ-1047
  • 原盤品番:HCD-2047
  • 国内盤:(国内仕様)
  • ジャンル:ジャンルジャズ
  • 価格:¥3,500+税
  • 形態:2CD
  • 付属品:輸入盤・日本語帯、解説付
  • 発売日:2020年12月4日発売予定

TRACK LIST

モンティ・アレキサンダー / ラヴ・ユー・マッドリー~ライヴ・アット・ババズ

CD1
1. Arthur’s Theme (7:42) – P. Allen, B. Bacharach, C. Cross, C. Sager
2. Love You Madly (8:08) – D. Ellington
3. Samba De Orfeu (6:26) – L. Bonfa, A. Maria
4. Sweet Lady (5:57) – M. Alexander
5. Eleuthra (9:34) – M. Alexander
6. Reggae Later (7:51) – M. Alexander
CD2
1. Blues For Edith (6:46) – M. Jackson
2. Fungii Mama (10:06) – R. Mitchell
3. Consider (6:06) – M. Alexander
4. Montevideo (7:05) – R. Evans
5. Body And Soul (7:22) – J. Green, E. Heyman, R. Sour
6. Swamp Fire (3:53) – H. Mooney
7. SKJ (4:55) – M. Jackson
Recorded live at Bubba’s Jazz Restaurant in Fort Lauderdale, Florida on August 6, 1982

メンバー:
Monty Alexander (p), Paul Berner (b), Duffy Jackson (ds), Robert Thomas Jr. (perc)

★今なお精力的な活動を続けるピアニストのモンティ・アレキサンダーだが、とりわけ1980年代初頭の勢いは並外れていた。元オスカー・ピーターソン・トリオのハーブ・エリス+レイ・ブラウンとの“トリプル・トリート”ではスタンダード・ナンバーを中心にスウィングにつぐスウィングで魅了し、いっぽうオセロ・モリノーのスティール・パンを加えた“アイヴォリー&スティール”ではポップでファンキーなカリブ風味のジャズを存分に展開。そして81年に収録された当アルバムは、“第3のユニット”というべき顔ぶれによる、スウィングありカリビアンありカクテル・ラウンジ風バラードありの音の万華鏡だ。
★メンバーがまた、充実。ベースのポール・バーナーはレッド・ロドニー(チャーリー・パーカーと共演したトランペット奏者で、少年時代のクリス・ポッターも育成)のバンドで名をあげた逸材。81年という、アンプ付きウッド・ベースがベタベタ、ブヨブヨとはびこっていた時期に、木の質感たっぷりのサウンドで迫るのだから嬉しくなる。ドラムスのダフィー・ジャクソンは、40年代ウディ・ハーマン・オーケストラのベーシスト兼新人発掘係であったチャビー・ジャクソンの息子。カウント・ベイシーやライオネル・ハンプトンのオーケストラに参加経験のあるダイナミックな演奏家で、ここでもたたみかけるようなプレイでモンティを鼓舞する。ハンド・ドラムスのボビー・トーマスは無論、ジャコ・パストリアスやピーター・アースキンと共に最盛期のウェザー・リポートのリズム・セクションを担った名手だ。
★この4人が気候の温暖でカリブ海にも近いフロリダ州に集まり、心底ジャズを愛する観客の前で思う存分プレイしたのがこの2枚組である。「オルフェのサンバ」「モンテビデオ」「レゲエ・レイター」など曲名を挙げていくだけでも、ステージの楽しさは十二分に伝わるはず。クリストファー・クロスの大ヒット曲「ニューヨーク・シティ・セレナーデ」の洒脱にしてダンサブルなジャズ・ヴァージョンにも、聴いていて笑顔が止まらない。

0712758040565

関連商品