村上春樹 presents 山下洋輔トリオ再乱入ライブOriginal Vinyl Limited edition(重量盤アナログレコード)

村上春樹氏プロデュースTOKYO FM「村上RADIO」からアナログレコード発売!
53年越しの興奮、山下洋輔トリオの熱気うずまくスペシャルライブ
話題をさらったあの「再乱入ライブ」が限定生産・シリアルナンバー付きでLP化!
ブックレットには他では読めない村上春樹氏の書下ろしも掲載!!

  • アーティスト:山下洋輔トリオ
  • レーベル:MURAKAMI RADIO Label
  • 品番:MURLP-1001
  • ジャンル:ジャンルジャズ
  • 価格:オープン価格
  • 形態:LP
  • その他の製品情報:180g重量盤 完全限定生産 シリアルナンバー付 封入特典あり 録音:TOKYO FM LP用マスタリング:キング関口台スタジオ カッティング&プレス:東洋化成
  • 付属品:国内製作・日本語解説付

TRACK LIST

山下洋輔トリオ / 村上春樹 presents 山下洋輔トリオ再乱入ライブ
Original Vinyl Limited edition(重量盤アナログレコード)

[Side A] 15:25
1. テーマ THEME(作曲:山下洋輔)
2. 木喰 MOKUJIKI(作曲:中村誠一)

[Side B] 22:12
3. ミナのセカンドテーマ MINA’S SECOND THEME(作曲:山下洋輔)
4. グガン GUGAN(作曲:山下洋輔)
5. アンコール:メモリー・イズ・ア・ファニー・シング MEMORY IS A FUNNY THING(作曲:山下洋輔)

メンバー:
山下洋輔トリオ
[山下洋輔(ピアノ)、中村誠一(テナー&ソプラノサックス)、森山威男(ドラムス)]
収録:2022年7月12日/早稲田大学大隈記念講堂

<リリースに際して、村上春樹さんからのメッセージ>
記念すべき貴重な記録だし、また演奏内容も素晴らしいものなので、一人でも多くの人に聴いていただければと思います。とくに若い人たちに聴いてもらえると嬉しいですね。
今聴いても、というか、今聴くからこそ新鮮な音楽なんです。(村上春樹)

世紀の爆演を聴け!

村上春樹さんの呼びかけによって、半世紀の時を経て昨年2022年によみがえった「山下洋輔トリオ再乱入ライブ」。それはまさに爆演と呼ぶべきすさまじいライブでした。

ライブのオリジナルは1969年、学園闘争下のバリケードで封鎖された早稲田大学キャンパス内で行われた。新進気鋭のジャズ・ミュージシャンだった山下洋輔トリオが、学生と共に大隈講堂のピアノを担ぎ出してジャズライブを敢行、当時対立していたセクトの学生たちも山下トリオの演奏に聴き入ったという伝説のライブだ。
この伝説のライブを企画したのはTVディレクターだった田原総一朗さん。
「山下洋輔にどうやって死にたいか、聞いたの。彼はピアノをひきながら死にたいと言った。それで最高の死に場所を用意しようと思ったんだ。」
だが、その思惑は予想を超えた結末を迎えた。山下洋輔トリオの爆演に圧倒され、対立しあうセクトの学生は呉越同舟、聞き入ってしまったのだ。音楽が闘争を超えたのだ。

この伝説のライブが村上春樹さんの呼びかけにより半世紀の時を経て蘇った。2022年7月12日(火)、早稲田大学大隈記念講堂にて開催された「村上春樹presents 山下洋輔トリオ 再乱入ライブ」。この会場を熱気と興奮で包んだ一夜限りのスペシャルライブを、重量盤アナログレコードでお届けします。村上春樹さんによる書き下ろしライナーノーツを含む、豪華16頁冊子・特別付録付き/シリアルナンバー入り/重量盤。(※シリアルナンバーはお選びいただけません)

【ブックレット内容】
村上春樹 書下ろし原稿(約2000字)、山下洋輔 雑誌「波」寄稿文(約3500字)
その他、延江 浩(TOKYO FMプロデューサー)書下ろし原稿や、当日のライブについて、演奏者プロフィール、カラー写真等を掲載

【封入特典】
①A2両面 オリジナルポスター
②「時の声を聴け!」オリジナルインタビュー付録CD

〈CD収録予定内容〉
村上春樹×小川哲「再乱入ライブ」直前インタビュー(2022.6.22 収録)
山下洋輔「再乱入ライブ」直前インタビュー(2022.6.24収録)
田原総一朗「乱入インタビュー」(2022.6.23収録)
「再乱入ライブ」当日のステージトーク、アフタートークより(2022.7.12収録)

「TOKYOFMofficial」チャンネル公式動画
https://www.youtube.com/watch?v=JJWPqe-J1co


4939589001145

関連商品