フランク:交響曲&交響的変奏曲

アバド、ヤンソンスが認めた逸材。
世界が注目する指揮者グスターボ・ヒメノ。
ルクセンブルク・フィルとの第8弾はフランク!
コジュヒンを迎えた交響的変奏曲にも注目。

  • アーティスト:グスターボ・ヒメノ、ルクセンブルク・フィルハーモニー管弦楽団
  • レーベル:PENTATONE
  • 品番:NIPB-73
  • ジャンル:ジャンルクラシック交響曲
  • 価格:¥2,546 (税込) ¥3,056 (税込)
  • 形態:Hi-Res
  • その他の製品情報:FLAC:48kHz/24bit DSF:2.8MHz/1bit

TRACK LIST

セザール・フランク(1822-1890):
①交響曲 ニ短調(1887/1888)
②交響的変奏曲~ピアノとオーケストラのための(1885)

グスターボ・ヒメノ(指揮)
ルクセンブルク・フィルハーモニー管弦楽団
②デニス・コジュヒン(ピアノ)
セッション録音:①2019年7月、②2019年11月/フィルハーモニー・ルクセンブルク

mora(DSF:2.8MHz/1bit)
https://mora.jp/package/43000014/NIPB-73_D/
ototoy(DSF:2.8MHz/1bit)
https://ototoy.jp/_/default/p/1016607

CDはこちら
https://www.kinginternational.co.jp/genre/ptc-5186771/

★SACDハイブリッド盤。今世界が注目する指揮者グスターボ・ヒメノ率いるルクセンブルク・フィルとのPENTATONEレーベル第8弾は、フランクの交響曲そして俊英ピアニスト、デニス・コジュヒンを迎えて交響的変奏曲を録音しました。
★ヒメノは2001年にロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団の首席打楽器奏者に就任。その後、音楽家としてさらなる研鑽として指揮を学び、その才能が開花した若手筆頭格の音楽家です。2012-13年、2013-14年のシーズンには、ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団でマリス・ヤンソンスの副指揮者を務め、2014年1月にヤンソンスの代役としてコンセルトヘボウのデビューし、一躍世界から注目される指揮者となりました。指揮者としての日本デビュー公演は2013年9月の仙台フィルとの共演で、その後2015年には2度来日。そのうち同年11月のロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団との来日公演で大成功をおさめ、日本の音楽界にもその名が知られるところとなりました。このフランクの演奏でも見通しのよいすっきりとした演奏を聴かせてくれます。
★PENTATONEレーベルからリリースされているヒメノ&ルクセンブルク・フィルのアルバムはこれまでにショスタコーヴィチ(PTC 5186622)、ブルックナー(PTC 5186613)、ラヴェル(PTC 5186652)、マーラー(PTC 5186651)、ストラヴィンスキー(PTC 5186650 / KKC 6011)、ドビュッシー(PTC 5186627)、ロッシーニ(PTC 5186797)をリリースし好評を得ております。
★強靭なテクニックと豊かな表現力を兼ね備えた鬼才デニス・コジュヒンはマドリッドのソフィア王妃高等音楽院に留学し、ドミトリ・バシキロフとクラウディオ・メーネルに師事し研鑽を積みました。2010年に開かれたエリザベート王妃国際音楽コンクールで優勝し一躍世界から注目されたコジュヒンは、翌2011年2月に初来日を果たし、その演奏会はNHK「クラシック倶楽部」で放映され日本のクラシック・ファンにも広く知られることとなりました。以後たびたび来日し、2017年9月にはパーヴォ・ヤルヴィ指揮、NHK交響楽団と共演し、ラフマニノフのピアノ協奏曲第4番(1941年版)の雄大な演奏は大きな話題を集めました。ヴェルビエ音楽祭、ルール・ピアノ音楽祭、ラインガウ音楽祭など、数々の著名音楽祭にも出演している現在ヨーロッパで最も人気のある実力派ピアニストのひとりです。PENTATONEレーベルからリリースしているチャイコフスキーとグリーグの協奏曲(PTC 5186566)、ブラームスのピアノ作品集(PTC5186568 / KKC 5892)、ラヴェルとガーシュウィンのピアノ協奏曲(PTC 5186620 / KKC 5893)、メンデルスゾーンの無言歌集とグリーグの叙情小曲集(PTC 5186734 / KKC 6033)をリリースしており高い評価を集めております。

関連商品